<<04  2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あした
娘が幼稚園の年長さんの時に出逢い、
娘が二十歳のお誕生日を迎えるまで人生を一緒に歩んだ淳です。

いつの日だったか、
あれ…淳は歩けなくなってきたなって
そう感じてから、
殆ど歩けなくなった淳でした。

その頃から、
淳とのお別れは本当にもうすぐなんだって、
嫌でも感じ、悟りました。

覚悟もしましたが…

こんなにも辛く悲しい事があるものなのかと、
辛く重い時間だけが流れ続けました。

もう一度淳に会いたい、
せめてあともう一日一緒にいたい、
生きてる淳を抱きたい、
と…
淳をお寺につれて行ってからは
本当に本当に辛くて真っ暗闇の中でした。

眠ってる様に息をしない淳の姿を見ては、
それでもこの姿を手放したくないと思いました。

22日に最後の日を迎え、
23日の夕方にお寺へ行ってきました。

24日の朝に、火葬でした。

明日、
お骨を引き取りに行きます。




淳との最後の一枚となった写真です。
見れば死ぬ程辛い気持ちに襲われます。

でも、
自分のそばに居てくれる人にも
その人の大切な時間が流れている事、
娘の人生もある事、
自分自身もこれから生きて行かなければいけないことがあるんだと、
教えられました。

お骨を引き取りに行ったら、
この先ずっと一緒に居られるんだと、
今は思っています。

生まれ変わっても、
また淳に出逢い、
人生を共に歩みたいです。

いまの私には、
出逢った時と最後の時しか思い出せません。

生まれてきてくれてありがとうと、
いま
改めて思っています。
出逢えて一緒に過ごせた事が奇跡の淳との人生。

Wellcome
P1050153_20091011213739.jpg P1080518.jpg P1080190.jpg
✿私の愛読BLOG✿
1237883721361.jpg
Ameblo✿R&R 。✿ฺ.。 ゜:♫;。+。✿ฺ.。 ゜:♫;。+

2010071017520358a.jpg
お借りした素材
banner2.png

hisa_rogo2.gif

hisa_rogo2.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。