<<03  2017,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
WELCOME to MaJuNoN*/Blog
heart3_20101229040324.gif
2photo.jpg
-----------------------------------------✿ฺ✿--------
2001年生まれの淳(Jun♂)ちゃんと、
2008年に家族になった真乃(Mano♀)ちゃんとの、
日常を思い出に残すBlogです✿

P1170868.jpg

From.Hiromi
MaJuNoN*/Blog



今年は桜が咲くのも暖かくなるのも、
去年よりちょっと遅いですね。

咲き始めた桜を見て、
去年の今日はまだ淳と一緒にいたな~って、
一緒に桜を見たな~って、
大切な思い出になった淳との事を思い出していました。

辛くなる事がとっても怖くて、
自分で書いてたブログ読むと、
悲しい事書いてたのが最後になってて、
またあの時の事思い出しちゃうので、
少しずつ、
悲しい事書かない淳との事を書いておこうと思いました。

こんなに、淳との人生があって、
幸せなはずなのに、
悲しい気持ちばかり綴ったら、
自分も悲しいし、
淳との人生の思い出が悲しいものに変わっちゃうって、
思ったからです。

淳は本当に可愛い奴でした。
私にとって、
あれほどまでに大切で可愛いものはないです。

ほんと
もう一回淳に会いたいし淳を抱きたいし、
できる事ならこの世で淳の生まれ変わりに出会いたいです。

お別れの日がやってきて、
淳を思い悲しくなる事は、
淳が居た、淳が生きてた証だと
そう思えるようになりました。

甘えん坊ちゃん


娘が大好きな真乃ちゃん(* ॑꒳ ॑* )⋆*



娘が時々、
真乃の可愛い姿を写真撮って送ってくれます。

あまりにも可愛いと
LINEのFaceTimeで真乃の姿見せてくれます(笑)





自分の誕生日が終わるまでの少しの間、
淳との思い出に変わってしまった、
確かに淳が居た日々の自分のブログを
読んで過ごしてました。

胸が張り裂ける事はなくなりましたが、
もう会えないことが、
どうしても諦められないと言うか。

本当に
何気ない写真を残してきて良かったって
今は心から思うばかりです。

私が28歳の時に初めて出逢った淳。
44歳の誕生日を迎えた時は淳の姿とは一緒に居れませんでした。

他のワンちゃんは触れ合えるんですけど
ポメちゃん見ると泣いてしまうから
近寄りたいけど遠くから眺めるしかできなくて。

日々の生活の中で、
幸せだと感じたり、
楽しいと感じたりする事、
変わらずあります。

もう一度、
淳と一緒に居たいです。

どんなに願っても絶対に叶う事の願いだとわかるから、
涙もいっぱい出てきます。

自分にはこの先も、淳とともに生きてきた16年よりも
長い人生があるけれど、
淳にとって、
自分が一生涯のたった一人の存在でいられたこと、
本当に幸せに思います。

出逢えた事が奇跡だった淳。


真乃ちゃん元気です。
娘にベッタリ甘えん坊です。(笑)

娘が真乃の写真を送ってくれたり
真乃がベッタリだとFaceTimeで見せてくれます。



今日は淳の初七日忌です。

時間が経つのが残酷に感じたり、
苦しくて苦しくてどうしようもなかったり、
本当にたくさんの色々な悲しい気持ちを
味わいました。

でも
1番…本当に1番悲しかったのは
淳のお骨を引き取りに行った時でした。

あんな気持ちで涙が出たのは初めてでした。

過ぎて行く時間の中で生きて生活していますが、
頭の中は、
あの日のままで止まったままです。

これ程までにかけがえのない大切なもの、
この世にはないです。





三十五日忌と
四十九日忌と、
百ヶ日忌と…。

四十九日忌までは公休と重なっているので、
四十九日忌の日は、
お寺へ行き、供養のお経をしていただきに行こうと思っています。




あした
娘が幼稚園の年長さんの時に出逢い、
娘が二十歳のお誕生日を迎えるまで人生を一緒に歩んだ淳です。

いつの日だったか、
あれ…淳は歩けなくなってきたなって
そう感じてから、
殆ど歩けなくなった淳でした。

その頃から、
淳とのお別れは本当にもうすぐなんだって、
嫌でも感じ、悟りました。

覚悟もしましたが…

こんなにも辛く悲しい事があるものなのかと、
辛く重い時間だけが流れ続けました。

もう一度淳に会いたい、
せめてあともう一日一緒にいたい、
生きてる淳を抱きたい、
と…
淳をお寺につれて行ってからは
本当に本当に辛くて真っ暗闇の中でした。

眠ってる様に息をしない淳の姿を見ては、
それでもこの姿を手放したくないと思いました。

22日に最後の日を迎え、
23日の夕方にお寺へ行ってきました。

24日の朝に、火葬でした。

明日、
お骨を引き取りに行きます。




淳との最後の一枚となった写真です。
見れば死ぬ程辛い気持ちに襲われます。

でも、
自分のそばに居てくれる人にも
その人の大切な時間が流れている事、
娘の人生もある事、
自分自身もこれから生きて行かなければいけないことがあるんだと、
教えられました。

お骨を引き取りに行ったら、
この先ずっと一緒に居られるんだと、
今は思っています。

生まれ変わっても、
また淳に出逢い、
人生を共に歩みたいです。

いまの私には、
出逢った時と最後の時しか思い出せません。

生まれてきてくれてありがとうと、
いま
改めて思っています。
出逢えて一緒に過ごせた事が奇跡の淳との人生。

長い闘病生活だった淳。

16年一緒にいた淳。

今日の朝、淳が永眠しました。


最後は、淳を看取る事ができませんでした。
この一ヶ月のあいだで、
歩けなくなってきた矢先、
夏、越せるかなって思っていましたが…。

初めて淳と出逢ったあの日から、
今日まで、
本当に本当に、
長かった様でとってもあっという間でした。



私の人生のなかで一緒にいてくれた淳。

闘病日記になってしまうのが嫌で
ずっとブログ書かずにきました。

昨日、一緒に淳と過ごして
今日も一緒に過ごせると思っていました。

昨日一緒に過ごしたのが、最後でした。

もう一度生きてる淳に会いたいと思うと胸が張り裂けます。

デローンと


これは先週の金曜日の写真です。

淳と久しぶりのお散歩です(^^)


いつもは先生が様子を見ながらお散歩させて下さっていました。

金曜日は暖かかったので5分くらいだったけど
歩く淳の姿を満喫できました。


病院に戻ると疲れてしまい、
一休み。


それでも元気な顔を見ていられました(*^^*)

今日は娘と一緒に淳の面会へ。


ちょびっと体調が悪かった淳でした。



顔色は具合悪そうですが、
この姿は寛いでいる淳なんです(笑)
家でもこうやってデローンと横になるのが大好きなんです。

完全に暖かくなって、
体調が良い日に、一泊の一時退院ができると先生からお話を聞き、
舞い上がるほど嬉しかったです!!

帰ったら思う存分、淳と今まで通りの生活を満喫したいと思います(^^*)

回復してきました


真乃は娘が大好きです。

寝る時もいつも娘にベッタリ(笑)



前に撮った写真です(^^)

淳は昨日からとっても回復したのを実感できました。
1時間くらい面会できるようになりました。

でも、1時間も経つ頃には苦しくなり始めてしまいます。

今日は久しぶりに、嬉しさいっぱいに、
大喜びする姿を見ることができ、
本当に嬉しかったです。

家に帰って、大好きな穴掘りしたり、
いつもの場所でおしっこしたり、
いつもの様にデローンと横になったり、
いつもの淳の日常時間を満喫させたいです。

暖かくなるまであともう少し。
ほのぼのと


今日の夕方からの面会時間は、とっても長い時間一緒に居られました(^^)



午前の時は咳が止まらず、
ちょっとの面会になってしまいましたが。


今日は一緒に、
家に居る様な感じで時間を過ごせました(^^*)



娘も一緒に面会に来てくれたので、
写真を撮ってもらいました。

ちなみに・・・

私が一人で撮ると、
こんなアップになっちゃう(笑)

病院の近くには島忠があるので、
淳が大好きなペットコーナーに行って、
可愛い子犬ちゃん達を見てきました。

午前の面会の時は元気でしたが、
夕方の時はちょびっと元気なく咳もでていて。

これから先、
もう今までのようにお家でいつもの日常を送る事はできませんが、
数時間の一時退院できる日を心待ちにしているところです。


いつだったか、
まだ入院する前に撮ってた写真です(^^)


月に一度の通院だったのが月日が流れるうちに、
二週間に一度になって、
入院も時々する様になり始めて、
それでもその頃まではいつもと同じ生活ができてました。

更に月日が流れて、週に一度の通院になり、
週に2度、診ていただくようになり、
入退院せざる得なくなり、
去年、初めて発作を起こしてからあっと言う間に今に至ってしまいました。

去年の三月に、今の病院の先生に初めて診ていただいてから、
気付けばもうすぐ一年が経ちます。

今、淳と過ごせる時間があるのは先生のお陰です。